BOT LABO

AI(人工知能)

AIと機械学習・ディープラーニングについて

近年のAI(人工知能)は、目覚ましい進化を続けています。たとえば、AI(人工知能)が囲碁や将棋などで、世界のトップクラス棋士に勝利したというニュースは記憶に新しいと思います。ではなぜ、AI(人工知能)はこれほどまでに急速 …記事を読む

チャットボットと機械学習について

チャットボット(ChatBOT)を顧客向けのサービスや、社内の業務ツールとしても導入する企業が増えてきました。業務の効率化を図るのに役立つチャットボット(ChatBOT)。しかし、一言にチャットボット(ChatBOT)と …記事を読む

イラストをAIで判定

Googleが公開しているAIベースのお絵かきツール「AutoDraw」では手書きしたイラストからAIがユーザーが描こうとしている絵を判断してサジェストしてくれるWEBアプリです。 筆者も以前AutoDrawで犬を描こう …記事を読む

GW明けはIT Week!AI・業務自動化展が熱い

IT Weekをご存知だろうか。 春と秋にITに関する大規模な展示会が行われ、近年は関西でも年明けに開催されている。 企業・官公庁・団体の情報システム、経営者・経営企画、マーケティング、総務・人事、システム開発などの部門 …記事を読む

FinTechとAI(人工知能)について

近頃よく耳にするFintech(フィンテック)。 このFintechでAI(人工知能)はどのような活用がされているのだろうか。 今回はFintech × AIの活用事例を紹介しよう。 ■Fintech(フィンテック)とは …記事を読む

採用面接とAI

就職活動も活発になってきた4月。採用面接などの場面でAIに関する話題がいくつか取り上げられていましたのでご紹介します。 まずはAIを使って学生の就職支援を行なっている取り組みです。帝京大学の八王子キャンパスでは学生の進路 …記事を読む

AIを使った需要予測

ピザハットが顧客データをAIベースで解析し、各店舗の需要予測などを行うマーティングツール化するとのこと。たとえば、顧客のニーズを先読みしてリソース配分できれば、その分顧客の待ち時間は削減し売上機会は増える。 共同開発を行 …記事を読む

こんなところにAI技術 ~AIが土木を救う~

国土交通省では建設業界へのICTの活用を推し進めるi-Constructionという取り組みを2016年度から進めています。 無人機による測量や、3次元測量データを多方面に利用する効率化など、旧態依然と言われる建設現場の …記事を読む