BOT LABO
Usecase of BOT画像

赤羽駅で無人決済店舗の実証実験

AmazonGOなど無人店舗のニュースが様々リリースされていますが、JRでも実証実験を行うと発表しました。

AI(人工知能)技術を活用した無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を導入した店舗の実証実験を、赤羽駅の5・6番ホームで10月17日から行うとのことです。実証実験の期間は約2ヶ月間。

ユーザーはSuicaなどの交通系ICをかざして入店し、店内の品物を手に取り決済ゾーンへ向かいます。手に取った品物をカメラにより解析し金額を提示。支払いを済ますと出口のゲートが開く仕組みになっているとの事です。

駅内のKIOSKなど小型店舗の置き換えも進んで行くかもしれませんね。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/02/news086.html

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT