BOT LABO
Usecase of BOT画像

小田急電鉄が江ノ島での自動運転バスの実証実験

小田急電鉄は江ノ島電鉄、神奈川県と藤沢市の江の島周辺の公道で自動運転バスの実証実験を実施する。
期間は2018年9月6日から16日まで。

今回の実証実験は、神奈川県が取り組む「ロボット共生社会推進事業」の推進と、小田急グループにおけるバスの自動運転の検証のために実施するもの。本土側の江ノ島海岸バス停と、江の島にある小田急ヨットクラブの間、約1キロの公道を、最高時速約30キロで走行。一般車両や自転車、歩行者が行き交う環境での走行検証や、実用化に向けたサービス面の検証を実施する。なお、神奈川県において、バスタイプの車両による一般道での自動運転は、今回が初だということです。

アメリカの自動運転に関するニュースではUberやテスラモーターでの死亡事故など今後の開発に不安を持たれる
状況ではありますが、日本もこの分野の実証実験に関しては大きく遅れをとっているので今後様々な試みが行われると思いますが、慎重かつスピード感を持って行って欲しいものです。

https://response.jp/article/2018/08/20/313109.html
http://news.livedoor.com/article/detail/14528220/

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT