BOT LABO

音声感情解析AIを利用してアスリートの体調管理、コンディションをサポート?!

音声感情解析AIで体調管理

株式会社Empathでは、音声で感情を解析するという画期的なAI「Empath」を提供しています。
音声の物理的な特徴を解析することで、感情解析するというAI人工知能)です。

感情解析とは「平常」、「喜び」、「怒り」、「悲しみ」の4つの感情と、元気度を測定できるそうです。

音声からAIが感情を解析するってすごいですね。

今回は、トップアスリート向けに体調・トレーニング管理クラウド「ONE TAP SPORTS(ワンタップ・スポーツ)」を開発、展開する株式会社ユーフォリアが、Empath社と提携し、音声感情解析AIを利用したアスリートの体調・コンディションサポートするというニュースです。

アスリートのメンタル状態を「Empath」で可視化し、「ONE TAP SPORTS」で管理することで心身両面からサポートするというのです。

トップスポーツ分野における多くの実績があるユーフォリア社の技術・開発力と、Empath社の音声感情解析AI「Empath」を組み合わせることで、スポーツ分野への大きなシナジー効果が期待できるものと判断し、継続的協力関係構築のため、事業および商品開発における業務提携締結に至ったそうです。

確かにアスリートの体調管理をするうえで、精神面(メンタル)のフォローや管理は非常に重要な部分ではありそうですね。

通常であれば、肉体面のケアやフォロー、管理は物理的な機器などで管理し、数値データとして管理することは可能ですが、精神面を数値データとして管理するのは難しいですね。

そもそも感情を数値データとして管理できるとは今まででは考えられませんでした。

それがEmpathで音声を通じて感情分析し数値化できるようになると肉体面だけでなく精神面からも管理、フォローができるようになり、よりアスリートにとっては良い環境になるわけですね。

アスリートがよりいい成績を出せるようになるためにも、はたまた2020年の東京オリンピックで金メダルを量産できるようになるためにも、音声感情解析AIは必須になってくるのかもしれませんね!

 

参照元:
http://www.eu-phoria.jp/cont/

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT