BOT LABO

サウザンドクレインが、hachidori社と業務提携。AIチャットボットサービス「RYOTALK」のサービスを開始

カスタマーサポートに特化したAIチャットボット(ChatBot)「RYOTALK」とは?

テレアポ代行やテレマーケティングなどのCRM事業、インバウンド・アウトバウンドなどのBPO事業などをサポートしている株式会社サウザンドクレインは、チャットボット開発会社のhachidori株式会社と業務提携を行い、AIチャットボットサービス「RYOTALK」のサービスを開始したと発表されました。

この「RYOTALK」というのはサウザンドクレイン社がこの度リリースしたAIチャットボットサービスで、主にカスタマーサポートに特化したチャットボットです。

カスタマーセンターやコールセンターなどの業務を持つ企業の中で、

・コンタクトセンターのコスト削減をしたい
・Webサイトからのお問い合わせを成果につなげたい
・現在使っているチャットボットサービスから乗り換えたい

というニーズを持っている企業にピッタリなサービスだそうです。

最近ではカスタマーセンターやコールセンター業務で一部をチャットボットによる自動応答に切り替える企業が徐々に増えつつあります。
今後もさらにチャットボットに置き換わり自動化が図れると予想されていますが、とはいえ完全にすべての業務をチャットボットで自動化することは難しいのも現実です。

このあたりの詳細な内容は以前にも本サイトで取り上げてますので、もしよろしければ、こちらの記事もご覧ください。
 >> 顧客からのFAQやカスタマーサポートをチャットボットで半自動化する方法とは?

そこでAIチャットボットと有人対応を自動でシームレスに切り替えることができるサービスを提供している企業も増えつつあります。
その一つが今回のサウザンドクレイン社のAIチャットボットサービス「RYOTALK」です。

RYOTALKは、定型的で簡単なやりとりはチャットボットで自動化を図り、少々複雑で難しいやりとりや、コンバージョンしそうな潜在客にはリアルな有人チャットで対応することで、お客様満足とコンバージョンの最大化を図ることができる、そういったチャットボットのパッケージサービスだそうです。

利用者側からしても、チャットで質問して、すぐに回答を自動でしてくれるのは大変ありがたいですね。
相手がボットだとわかっていたら、時間も気にせずチャットで質問できるので、知りたい内容をすぐにその場で回答を得ることができます。

ただチャットボットだけに偏ってしまうと、今度はちょっと入り組んだ質問をすると「わかりません」という回答になり、逆にストレスが溜まることもあります。
もちろん営業時間内である必要はあると思いますが、そういった場合にスムーズにリアルな人によるカスタマーサポートに切り替わってくれると安心ですし、とても便利ですよね。

今後もそういったチャットボットサービスは増えてくると思いますので、利用者からするとこれほどありがたいことはないです。
企業と顧客との接点はどんどん変わってきていますが、チャットインタフェースによる接点は今度の新しい顧客窓口の一つになりそうですね。

 

参照元:
www.thousand-crane.co.jp/news/2017/12/12/936/

タグ:

[PR]

  • SMART Message BOT