BOT LABO

JALのAIチャットボット「マカナちゃん」が機能強化!Watsonの画像認識技術を活用!

バーチャルアシスト「マカナちゃん」

皆さんはJALがサービス展開しているAIチャットボット「マカナちゃん」をご存知でしょうか?
AI(人工知能)であるIBM Watsonを活用したチャットボットサービスで、チャットインターフェースとした自然会話を実現しています。

マカナちゃんはハワイの現地情報には強くて、ハワイのことならなんでも知っている!と言わんばかりにハワイ通なチャットボットです。

リリース自体は2016年12月ということもあり丸1年前なのだが、今回さらにパワーアップしたというので実際にAIチャットボット「マカナちゃん」と会話してみようと思います。

ちなみに今回何がパワーアップしたのかというと、なんとIBM Watsonの画像認識技術が付与されたというのです。

チャットによる自然会話だけではなく、ハワイの景色や料理の写真を送ると、画像認識して、分析した結果、ハワイのおすすめ情報を返してくれるというのです。
画像認識までしてくれるチャットボットは珍しいので、とても楽しみですね。

チャットボット「マカナちゃん」と会話してみる

基本的にはFacebookやTwitterでログインして「マカナちゃん」と会話をの楽しむことができるようになっています。

AIチャットボット

今回のメインは画像認識AIの精度です。
どういったかたちで画像認識してもらえるのでしょうか?
ハワイに行ったことがない著者としては、フリーのハワイにある写真をチャットボットに投稿してみました。

AIチャットボット

ハワイと言えば、、、ハイビスカス!ということで、ハイビスカスの写真を投稿します。
分析を開始し、分析完了すると、「診断結果を見る」というボタンが出てきます。そのボタンをクリックすると。

画像認識AI

すると、送信したハイビスカスの写真をちゃんと分析してくれた結果を教えてくれます。

ハイビスカスは意外にも50%で、「ブッシュ・ヒビスカス」というものが90%という結果に!
さらに植物としては97%と診断されました。
ちゃんと植物だということはほぼ100%に近い精度で認識してくれました。

ハイビスカスかな?という風に選択肢に出してくれる時点でなかなかの精度なんじゃないでしょうか。

もちろん自由文に対してAIが回答してくれるようになっています。

画像認識AI

「ロコモコ」と文章を入力すると、チャットボットはおススメしてくれます。
ちょっとロコモコとは全然関係ないものを勧められているような気もしますが。。。
おススメの写真を見てもロコモコの写真は一つもないように思います。

画像認識AIの実力はかなりすごくて使い方によっては便利かもしれません。
ただ自由文の精度はまだまだ学習中といったところでしょうか。

IBM WatsonをAIとして利用しているチャットボットでかなり高い精度まで機械学習できた事例というのはまだまだ少ないのが現状です。
早く実用レベルまで機械学習が進んだIBM Watsonのチャットボットを利用してみたいと思っています。

本チャットボットサービス「マカナちゃん」もテキストに対する自動会話の精度がさらに上がってくるとハワイ旅行する際はぜひ利用したいサービスになりそうですね。

 

参照元:
https://www.jal.co.jp/inter/makana/

タグ: , , ,

[PR]

  • SMART Message BOT