BOT LABO

平成エンタープライズ、バス業界で初めてチャットボットによる空席確認・バス予約が可能に!

バス業界初のチャットボットとは?

バス関連事業やラウンジ事業、旅行事業などを手掛ける株式会社平成エンタープライズは、高速バス「VIPライナー」でチャットボット自動応答による空席確認・バス予約などができるサービスを開始しました。高速バスの空席確認や予約などをチャットボットで自動対応させるのは業界では初めて。

高速バスは安い価格で遠距離を移動できる交通手段として私自身よく利用しますが、実際予約する際に空席があるのか?など気になることはよくあります。
特に利用するシーンが帰省だったりすると、年末年始やGWなど繁忙期だとなるべく早くに安い金額でバスを予約したいというのは誰しもが思っているところです。

そこで登場したのが24時間365日いつでもチャットボットに質問をすれば回答してくれるという今回のチャットボットサービスです。
お客さんのニーズに答えてくれたサービスとも言えますね。

しかも対応しているメッセージングアプリが3種類用意してくれているのも利用者からすると嬉しいところです。
公式サイトによると、LINE、Facebook、Facebookメッセンジャーの3種類に対応しており、自分が日頃使っているSNSでそのまま利用できるようになっています。

空席の確認やバス予約などができるというチャットボットを実際に利用してみました。

チャットボットでバス予約

今回はFacebookメッセンジャーアプリを利用してみました。
まずはFacebookメッセンジャーアプリで今回のVIPライナーのチャットボットを検索し話しかけてみます。

チャットボット

基本メニューとして用意されているのは「空席検索」と「ヘルプ」の2つのみ。
「ヘルプ」をタップすると、ご用件を自由入力で受け付けてくれるように促されます。
「空席検索」をタップすると、日付と目的地を自由文で入力するよう促されます。

予約チャットボット

実際にその日のバスの便が見つかれば、写真付きでボットが提示してくれます。
便が見つからなければ、該当する検索結果がありませんと教えてくれます。
ただそこから実際に予約しようと思ったら、その該当する予約サイトのWebページに遷移されます。
チャットボット上で会話ベースで予約ができるわけではなさそうです。

また、自由文で入力した場合の自然言語処理能力はまだまだ学習中というレベルのように見受けられます。
自由文を割と促すわりに。。。という感じでした。

予約チャットボット

公式サイトにも学習中ですとありますので、このあたりの自然言語解析のレベルは今後に期待というところです。

会話ベースで予約できるのが便利なのかどうかは人によると思いますが、それでも営業時間外でも質問にボットが答えてくれて、そのままの流れでボットが予約までしてくれたら、便利な感じがしますね。
予約後の予約確認ができたり、予約変更などもチャットボットでできるようになったら、利便性がさらに向上しそうです。

予約受付チャットボットはいろいろな業界で開発され、導入している企業が増えつつあるボットの種類の一つです。
そういったチャットボットが増えてきたら、利用者も自動会話で予約することが当たり前になってくるかもしれませんね。

今回ご紹介した平成エンタープライズ社のチャットボットはスタンプを送っても無反応だったりするので、そのあたり遊び心もボットが学習し賢くなってきたら、面白くなりそうなのでこのあたりも今後に期待です!

ちなみにチャットボットのキャラクターとして登場するのは、平成エンタープライズ社の公式キャラクター「ネコ社長」です。
公式サイトにはこのネコ社長の漫画が公開されていて、これがまた癒されるので、もし皆さんも興味があれば見てみてください!

 >> 平成エンタープライズ社のチャットボットキャラにもなっている「ネコ社長」の漫画はこちら

 

参照元:
https://vipliner.biz/info/chatbot/

タグ: , , ,

[PR]

  • SMART Message BOT