BOT LABO

チャットボットで町おこし?!岡山県和気町の「わけまろくん」は日本語、英語両方堪能なバイリンガルボット!

岡山県和気町の町おこしを目的としたチャットボット

今回ご紹介するチャットボット事例は岡山県和気町(わけちょう)の町おこしを目的としたチャットボットです。

町のキャラクターである「わけまろくん」がチャットボットとなり、LINEやWebサイトに登場し、和気町のいろいろな情報を教えてくれるというのです。
チャットボットで和気町での住民サービスの向上や移住・定住の促進を目指します。

「わけまろくん」ボットはIBM Watsonを利用した自動応答プログラムサービスで、誰でも和気町に関する質問をすることができるようになっています。

そんなチャットボット「わけまろくん」を実際に使ってみようと思います。
インタフェースはLINEとWebサイト両方に対応していますが、今回はWebサイトの「わけまろくん」と会話をしてみます。

「わけまろくん」ボットと会話してみた

まずは岡山県和気町の公式サイトにアクセスします。
サイトの右上にある「わけまろくんの部屋」というボタンをクリックすると、わけまろくんとの自動会話が可能な画面に遷移します。

AIチャットボット

このわけまろくんの部屋でチャットボットの「わけまろくん」と自動会話を通じて和気町に関する情報を得ることができます。

基本的にはカテゴリから選択式で知りたいことを選んでいく方式で、その選択肢に対応する回答をしてくれるというボットです。

AIチャットボット開発

また他にもキーボードから自由入力で質問することもできます。
よくあるだろう質問であれば、ちゃんと回答してくれるのでかなり利口なチャットボット「わけまろくん」です。
例えば美味しい食事ができるところが知りたいと思い、自由入力で聞いてみます。

チャットボット

ちゃんと和気町にあるお食事処を教えてくれます。
食事処を選択すると簡単な紹介と、地図リンクを送ってくれます。

もちろんちょっと難しい質問に対しては答えることはできませんが、それでも和気町のことを知りたいと思っている人にとっては便利ですね。

しかもわけまろくんはなんとバイリンガルなので、英語にも対応しています!

チャットボット

今回のチャットボット事例は町興しに活用したチャットボットでした。
地方活性化にチャットボットが活用される時代になったんですね。

以前、本サイトで初めて渋谷区民となったチャットボット「渋谷みらいちゃん」を紹介しました。

 >> 「日本初!特別住民登録されたAIです」渋谷区民となったチャットボット「渋谷みらい」ちゃんとは?

渋谷に町興しという概念はないと思いますが、よりチャットボットが親しみやすい存在になる試みの一つなのではないでしょうか。

日本では地方都市の過疎化、人口減少などが死活問題となっており、地方再生・地方活性化が至上命題となっていますが、チャットボットがその活路の一つになれればと思っています。

 

参照元:
http://www.town.wake.okayama.jp/information/detail.php?id_information=660

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT