BOT LABO

大和ネクスト銀行、AI技術を活用したチャットボット導入!行内照会業務の効率化に

特化型AIチャットボットを導入

株式会社大和ネクスト銀行は、行内照会業務において、AI(人工知能)技術を活用したチャットボットを導入しています。

大和ネクスト銀行の代理店業務を担う大和証券株式会社の各支店やコンタクトセンターから日々寄せられる、自社金融商品やサービスに関する問い合わせに、AI(人工知能)を備えたチャットボットが自動応答するという仕組みです。

今回の大和ネクスト銀行のチャットボット事例は行内照会業務に特化していますが、これはその他の業界の企業でいうと、各支店や各拠点から、本店への社内問合せをチャットボットが対応するというイメージに似ていると思います。

各支店や各店舗から本社、本部への質問と言えば、人事系や経理系、勤怠系など様々な社員からの質問が考えられます。
そういった自社内の社員からの社内規定やルールに関する質問をチャットボットが回答することで、管理部門の業務負担を軽減させようという企業は数多くあります。

社内問合せにフォーカスを当てると、クローズドでありながら、目に見えて効率化が図れるということで、AIチャットボットの導入を進めている企業が多いのが現状です。
また社内問合せであれば、FAQのシナリオが作りやすいという特長もあり、チャットボットとの相性もいいのです。

大和ネクスト銀行でも同様で、サポートセンターのノウハウを800通り以上のQ&AとしてAIに学習させることで、各支店など社内からの質問に幅広く柔軟に対応することができています。
よくある質問や簡単な質問、想定できる質問であればチャットボットがその場で即座に回答することができるので、利用者は時間や場所を問わず回答を得ることができます。

FAQに特化した「特化型AIチャットボット」を活用することで、機械学習期間の短縮や、精度の高さを担保することができているというわけです。

逆に「汎用型AIチャットボット」の場合、汎用型であるため、学習次第であらゆるAI(人工知能)を持つことができ、汎用的に活用できる可能性を秘めていますが、学習方法を誤った場合、意図したAIにならなかったり、精度が落ちることもあります。
また、学習期間にも時間がかかる点や、費用も高くなる傾向があるなどのデメリットもあります。

今回のチャットボット事例では社内お問い合わせ、社内FAQという特化したビジネスユース、シーンであるため汎用型より特化型AIを活用したチャットボットのほうが相性がいいというわけです。

繁忙期など管理部門の方では対応が遅れる場合などにもチャットボットは有効ですね。

今後も社内サポートに「特化型AIチャットボット」の導入は増加していくと見込まれています。

弊社でもビジネスシーンや業務内容に特化したAIチャットボットを推奨しています。
それだけ業務に特化したAIチャットボットのほうが精度が高く、チャットボット導入効果を目に見えるかたちで上げることができるためです。

ぜひ御社でも特化型AIチャットボットの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

参照元:
http://www.bank-daiwa.co.jp/info/2017/0620_3017.html

タグ: , , ,

[PR]

  • SMART Message BOT