BOT LABO

カスタマーサポートや社内FAQに特化した一問一答型チャットボット「Karakuri」とは?

チャットボット「Karakuri」とは?

「今までにないカラクリで世の中を豊かに」をミッションに掲げているカラクリ株式会社が、カスタマーサポートで使えるAIチャットボット「Karakuri」(カラクリ)をリリースしました。

前回の記事に引き続き、カスタマーサポートチャットボットの内容になります。

社内問合せ(社内FAQ)に特化したチャットボットのニーズも盛んですが、それと並んで、カスタマーサポートをチャットボットに代行したいというニーズも多いのが現状です。
弊社にもよくカスタマーサポートをAI搭載のチャットボットに置き換えたいというご相談をいただきますが、本当に日に日にそのようなご相談が増えています。

カスタマーサポートと聞くと、お客様からのお問い合わせをカスタマーサポートチームが電話やメールで受け付けて、個別対応するのが一般的です。
電話だとコールセンターの部署が毎日のように鳴り響くお客様からの電話に応対していることと思います。

そういったカスタマーサポートやコールセンターの人手不足が近年よく耳にするようになっています。
また、お客様のほうもなかなか電話が繋がらなくてフラストレーションが溜まったり、24時間365日電話サポートを受けることができるわけではないので、即時に知りたいことが翌日まで待たないといけないことも多々ありました。

そういった課題を解決するためにカスタマーサポートをチャットボットに置き換える事例が増えています。

カラクリ社のチャットボット「Karakuri」はカスタマーサポートに特化したチャットボットで、

・社内で活用する社内FAQや社内お問い合わせ対応できる機能
・顧客からのお問い合わせに対する自動応答(一問一答)ができる機能

を搭載しているそうです。

カスタマーサポートに特化しているメリットとしては、チャットボットを導入するうえでプログラミングの知識やスキル、データ解析・分析のスキルがなくても、カスタマーサポートの実務経験がある方であれば活用できる点だそうです。

最近ではチャットボットのプラットフォームを提供している企業が増えていますが(弊社もその1社ですが)、業界や業種、業務に特化することでノンプログラミングでチャットボットを開発し導入できる点は導入企業からすると大きなメリットですね。

もちろん「Karakuri」はAI(人工知能)を搭載していますので、AIに対して自社のカスタマーサポート業務を教え込む必要はあります。
このあたりの機械学習の精度が如何ほどなのか気になるところですね。

ちなみに他にもチャットボット「Karakuri」には以下のような機能も搭載しているようです。

・既存のFAQ情報取り込み機能
・LINE、Salesforceとの連携機能

お客様とのお問い合わせ業務のコスト削減や、顧客満足度の向上を検討している企業様はぜひチャットボット導入を検討事項の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

 

参照元:
https://karakuri.ai/

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT