BOT LABO

AIチャットボットゲームが登場!人工知能搭載のメイドさんと会話するLINEゲームとは?

AIチャットボットのLINEゲームが登場!

AIチャットボットゲームなるものがLINEゲームで登場しました。
株式会社SQが開発したチャットボットゲーム「メイドしずくのチャットボットゲーム」は、LINE Messaging APIを利用したLINEゲームで、ジャンルはアドベンチャーゲームだそうです。

LINE Messaging APIとは、LINE社が提供しているチャットメッセージ専用のAPI(Application Programming Interface)で、このAPIを利用すると、LINEのチャット画面(トーク画面)を使った対話型のチャットボットを開発することができるようになります。
LINE専用のチャットボット開発APIというイメージですね。

LINE専用なのでチャットボットで出来ることは限られていますが、それでも会社はもちろんのこと、素人の方やフリーの方でもプログラミングの経験があればLINEチャットボットを作ることができてしまう便利なAPIです。

さて、今回のLINEチャットボットゲームですが、アドベンチャーゲームで、しかもAI(人工知能)搭載しているということで、
そんな情報を耳にしてこのゲームをしてみないわけにはいきません。

実際にこのチャットボットゲーム「メイドしずくのチャットボットゲーム」で遊んでみました。

AIチャットボットゲーム「メイドしずくのチャットボットゲーム」とは?

LINEゲームなのでまずはLINEでこの「メイドしずくのチャットボットゲーム」と友達になります。

LINEチャットボット開発

遊び方は大きく3パターンに分けられていて、LINEのメニューから「しずくに質問」、「会話する」、「しずくから質問」を選択して、キャラクター「しずく」との会話を楽しむゲームのようです。

チャットボット開発

「しずくに質問」と「しずくから質問」は基本的に選択肢からタップしながら会話をします。
ただ基本的には一問一答のようなイメージで、会話をどんどん広げていくという感じではなさそうです。

次に、メニューから「会話する」を選択します。
これをタップすると、フリーテキストでしずくと会話を楽しむゲームに切り替わります。

適当にテキストやスタンプを送ると、しずくがこれまた適当に返答してくれます。
ただ、あまりかみ合わない。。。どうしてもかみ合わない。。。
幾度と会話のキャッチボールを試みるがかみ合わないまま終わってしまいます。。。

チャットボット開発

いろいろ会話を続けてみたのですが、しずが返してくれるメッセージはランダムなような気がします。
もしかしたらこのあたりはまだAI(人工知能)による機械学習はそれほど進んでいないのかもしれないですね。
もっとこのゲームの利用者が増えれば、学習の成果で広がりのある会話のキャッチボールができるようになるかもしれません。

ちなみに、以前にもゲーム業界のチャットボット事例ということで本サイトで紹介しました。

「AIを活用したゲーム攻略チャットボット登場!ゲームクリアに必要な情報をチャットボットが教えてくれる?」の記事で紹介したチャットボット事例は、ゲーム自体がチャットボットというわけではなく、そのゲーム攻略の問い合わせ窓口としてチャットボットを活用した事例でした。
ゲームの要素としてチャットボットを活用しているわけではありませんでした。

お客様とのお問い合わせ窓口を自動化する目的でチャットボット導入するケースはゲーム業界以外では比較的多くなりつつありますが、
ただ、今回の事例はチャットボットそのものがゲームという事例でした。

アドベンチャーゲームというジャンルなんですが、どのあたりがアドベンチャーにカテゴライズされるのか私にはよくわかりませんでした。
基本的には「メイド喫茶」が好きな人、興味のある人には「萌え」なのかもしれないですが、そのあたりのジャンルに疎い私としてはこのチャットボットゲームに魅力はそれほど。。。

いやいや、きっと会話の精度がもっと上がってくるともっと面白いゲームになるように思います!!

それにしても、ただ単にロボットと会話するだけのゲームが出てくるというのもすごい時代だなぁと思う今日この頃です。

 

参照元:
https://social-q.jp/our-events

タグ: , ,

[PR]

  • SMART Message BOT