BOT LABO

ゴミ分別はAIがする時代?!各自治体のゴミ分別方法を教えてくれるチャットボット

ゴミ分別はAI(人工知能)が担う時代?

皆さんは生活の中でゴミ分別に迷うことはありませんか?

私は引っ越しをすることが多いのですが、引っ越しするたびにその地域のゴミ分別方法が変わるので結構大変です。
前の地域ではゴミ分別しなくてよかったのに、引っ越し先の新しい地域ではゴミ分別しないといけない、ということがよくあり、その都度悩んでしまいます。

頻繁に出すゴミであればすぐに分別方法は覚えることができるのですが、めったに出すことのないゴミが出てきたときは結構困ったりします。
そういったときはその自治体のホームページを見ることもありますが、多くは引っ越し先のマンションのごみ分別の張り紙を見て確認しながらゴミ出しをします。
それが意外と地味に手間だったり、面倒だったりもしますよね。

そこで今回ご紹介するチャットボットがゴミ分別してくれるチャットボットです。
ゴミ分別はAI(人工知能)を搭載したチャットボットが教えてくれるようになります。

スマホで簡単に出したいゴミをチャットボットに伝えれば、そのゴミの分別方法を教えてくれるんです。
これは便利ですよね!

例えば、電池や布団、植木、土など、「あれ?どうやってゴミ出すんだっけ?」と思ったときにチャットボットに聞けばすぐに教えてくれるようになります。

そんな便利なチャットボットをご紹介します。

「ごみサク」サイトでゴミ分別方法をチャットボットに聞いてみた

日本グリーンパックス株式会社のゴミ分別辞典サイト構築サービス「ごみサク」に、AI(人工知能)技術を活用した自動会話プログラムであるチャットボット機能を追加する実証実験を開始したそうです。

まだ実証実験ということもあり、現時点では45の自治体にのみ対応しているようです。(2017年10月17日時点)

ここから自分が住んでいる地域を選択します。今回は東京都調布市を選択してみました。
すると調布市のごみ分別辞典のページに遷移します。

チャットボット会話画面

ここで「チャットで質問する」ボタンをクリックすると、右側にチャット画面が登場します。

チャットボット開発

早速悩みそうなゴミをチャットボットに聞いてみます。
今回は「電池」を聞いてみようと思いますが、たまたま平仮名「でんち」でメッセージを送信してしまいました。

チャットボット開発

するとちゃんと「電池」と判断して会話が成立しました。このあたりは自然言語処理技術でしっかり対応されているんだと思います。

今回の例では、リチウムイオン電池の場合は、ゴミとして出さずに電気屋さんやスーパーなどに回収してもらう必要があるんだとわかりました。

ちなみに「布団を捨てたい」という文章でも対応しているそうですが、ちょっとおかしな文章をチャットボットに送ってしまうと理解はしてくれませんので、このあたりは今後のAI技術や自然言語処理技術の進化に期待したいところですね。

ゴミ分別チャットボットと言えば、以前にも本サイトで取り上げたことがあります。

>> 無茶ぶりに対応?!横浜市のゴミ分別チャットボット(ChatBOT)が面白いと話題に!

当時の記事にも記載しましたが横浜市のゴミ分別チャットボットは結構おもしろいチャットボットで、無茶ぶりに対しても面白い回答を返してくれるユニークさがありました。

例えば、「希望」や「夢」などゴミとして捨ててはいけないようなモノをチャットボットに聞くと、ユニークな返答をしてくれました。

そこで最後に今回の「ごみサク」サイトのチャットボットにも同じように「希望」や「夢」などを語りかけてみました。
エッジの効いた面白い回答を期待して。。。

チャットボット開発

まぁ普通はそういう会話になりますよね。。。

 

参照元:
http://gomisuke.jp/news12.html

タグ: , ,

[PR]

  • SMART Message BOT