BOT LABO

訪日外国人向けコンシェルジュチャットボット「Bebot」とは?

株式会社ビースポークは、2017年9月より、訪日外国人向けAI(人工知能)チャットボット「Bebot(ビーボット)」のサービス提供を、民泊施設向けに開始。民泊施設向けには初のサービス提供となるそうです。

コンシューマ向けのチャットボットの需要は年々増加傾向にあり、最近ではECサイトやサービスサイトに顧客問い合わせ窓口の手段としてチャットボットを導入する事例が増えています。
顧客からのお問い合わせや質問に対して今まではコールセンターなどを用いて生身の人間が対応していましたが、簡単な質問やよくあるお問い合わせの対応であればチャットボットが自動応答することで人件費の削減、顧客満足度向上に繋がるとされています。

AIチャットボット「Bebot」とは?

「Bebot」は、2016年に日本で初めて訪日外国人向けコンシェルジュ業務をAI(人工知能)で対応可能にしたチャットボットです。
訪日外国人の質問やリクエストに、365日いつでもリアルタイムでスマートフォンを通じた多言語対応が可能となります。
日本の訪日観光客(インバウンド)は年々増加しており、昨年2016年には政府が掲げる「訪日外国人旅行者を年間2000万人に」という目標も達成され、日本の観光立国に向けて盛り上がりを見せています。
そういった中でこの「Bebot」は訪日観光客にとってはとても便利なチャットボットコンシェルジュになります。

まずは、英語と中国語のサービスから開始するそうで、利用者からの「ルームキーはどこで受け取れば良いですか?」や、「早めのチェックインは可能ですか?」などといった質問やリクエスト対応に、AI(人工知能)で自動化することで、ご利用施設の負担削減とゲストの満足度向上を同時に実現するという。

利用者は24時間365日いつでもどこからでもチャットボットに質問すれば回答を得ることができるので確かに便利ですね。

すでにオリエンタルホテルやカンデオホテルズ大阪なんばなど、日本国内の約3,000室に「Bebot」を提供しているそうです。

チャットボット「Bebot」をご利用になられたい方は、こちらアプリなどをインストールする必要はなく公式サイトから問い合わせてトークンを発行してもらい、そのトークンを入力することで利用できるそうです。(2017年9月現在)

参照元:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000018663.html

タグ:

[PR]

  • SMART Message BOT