BOT LABO

明治産業、AI(人工知能)を活用した「AIコンシェルジュ」をカスタマーセンターに導入し自動電話応答を開始

自動電話応答をAIで自動化

最近、顧客とのお問い合わせ窓口にチャットボットを導入する企業が増えていますね。
本サイトでもそういったチャットボット開発やチャットボット導入事例をご紹介しています。

AIを使ったチャットボットを顧客窓口にすることで、カスタマーサポートの人件費軽減や、顧客満足度向上を実現しようとしているわけですが、今回ご紹介する事例は、チャットボットではなく、電話応答そのものをAIで自動化してしまおうというのです。

福岡県に拠点を持つLPガス供給会社、株式会社明治産業は、株式会社U-NEXTマーケティングと協業し、U-NEXTマーケティングが開発したAI(人工知能)を活用した自動応答サービス「AIコンシェルジュ」を、明治産業のカスタマーセンターに導入すると発表しました。

明治産業が今回導入するAIによる自動電話応答サービスは、お客さんからのお申し込みなどガスサービスの利用開始時の問い合わせに、AIが自動応答していくものです。
テキストによる自動応答であるチャットボットではなく、電話応対を自動化しようとしているので、音声認識や音声解析が必要になりますね。

例えば、「引っ越し先でガスを使いたい」、「ガスの立会い日の予約をしたい」といったお申し込みをAIが音声認識し、対話技術を用いて自動回答するそうです。

カスタマーサポートの24時間365日対応させるためにチャットボットを導入する企業もいますが、このAIによる自動電話応答ができるようになると、わざわざチャットボットによるテキスト自動応答にする必要もなくなりますね。

電話が混雑していてなかなかつながらないということもなくなりますし、わざわざテキストを入力する手間さえもなくなります。
お客さんにとってはこれほど便利なカスタマーサポートはありませんね。

プレスリリースによると、今後、明治産業とU-NEXTマーケティングは本取り組みを通じて、ガスサービスの利用開始時のみならず、ガス料金の問い合わせや退去に伴うガスの利用停止など、すでにガスを利用いただいているお客さんからの定型的なお問い合わせについて、時間帯や繁忙期を問わずAIコンシェルジュを活用して自動応答し、一方、従来の有人の受付ではよりお客さんに寄り添う応対をし、さらなるサービス向上を目指していくとしています。

チャットボットが便利だと言われている昨今、業界や利用ケースによっては、テキストを入力するのが手間だという場面も少なからずあります。
そういったときに、今まで通り電話でAIが自動応答してくれたら、それほど便利なカスタマーサポートは有りませんね。
あとはどれほどの精度なのかが気になるところ。

九州にお住いの方はぜひ一度AIによる自動電話応答を利用してみてはいかがでしょうか?

 

参照元:
http://www.meiji-sangyo.co.jp/news/2018/20180124_2201.html

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT