BOT LABO

メフィラス、LINE@で誰でも簡単にチャットボットが作れるサービス「Parot」をリリース

LINE@でチャットボットが作れる「Parot」とは?

デジタルプロモーションを中心とした広告戦略を手掛けている株式会社メフィラスは、LINE@で誰でも簡単にチャットボットを作ることができるサービス「Parot」(パロット)をリリースしました。

LINEはコンシューマとの接点としては主流なツールの一つになっています。
コンシューマ向けのサービスを手掛けている企業であれば、LINEによる顧客とのコミュニケーションは大変重要視されているのではないでしょうか?

とはいえLINEで数多くのコンシューマと相互にコミュニケーションを取るとなると、とても大変で現実的ではないと考えている企業も多いのではないでしょうか。

そこで、今回、メフィラス社が提供する「Parot」は、LINE@で特別なプログラミング技術など使わずに誰でも簡単にチャットボットを作ることができるサービスをリリースされました。

AIが実装されているかどうかは不明ですが、「Parot」のメイン機能は以下の4つです。

・シナリオ機能
お客様が求めている情報をフローのように設定する機能です。
どのボタンをクリックしたら、次はどのメッセージを出す、というようなイメージです。

・キーワード機能
お客様が入力されたメッセージに対して、どういう返答をするのかを設定する機能です。
ここでどれだけお客様の自由文を想定して網羅できるのか、、、気になるところです。

・メッセージ機能(プロプランのみ)
チャットボットとお客様とのLINE上でのやり取りを確認することができる機能です。
そのまま直接メッセージを送ることもできます。

・レポート機能
シナリオやキーワードの利用状況を分析できる機能です。

友達の数や吹き出しの数によって3つの料金プランが用意されています。

チャットボットの応対精度はどれだけしっかりシナリオとキーワードを作ることができるのかによりそうですね。

レポート機能で分析しつつ、お客様との傾向を把握しながら、シナリオやキーワードをメンテナンスしていくのにそれなりの労力がかかりそうなイメージではありますが、それでも専門知識が不要で誰でも簡単にチャットボットを作ることができるというのは便利そうです。

利用するケースによってはAIなどを必要としないチャットボットのほうが向いている場合もあります。
そういったケースにはお手軽に導入できそうなサービスですね。

LINE@でチャットボットを導入したい企業は一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

参照元:
https://parot.jp/

タグ:

[PR]

  • SMART Message BOT