BOT LABO

AI(人工知能)が、人との自然な対話の流れから、単語を学ぶ手法を開発

AIが知らなかった単語を推測し暗黙的確認で学習する?

大阪大学産業科学研究所の駒谷和範教授らの研究グループは、AI人工知能)が人との自然な対話の流れから、知らない単語に関する推定結果が正しいかどうかを対話の流れの中から判定する暗黙的確認という手法を新たに開発しました。

最近よく目にするようになったチャットボットですが、自然言語処理機械学習を搭載していたとしても事前に登録したシナリオや、想定外の単語やキーワードを入力されると理解することができないのが通常のチャットボットです。

これはどのチャットボットにも共通で言えることでしたが、今回の大阪大学の研究では、そういった想定外の単語を入力されても推定して、前後の対話の流れから特定するというものです。

もちろん既存のチャットボットでも、応対後に役に立ったかどうか、など聞いてくるサービスもあります。
これは役に立ったかどうかのフィードバックを元にAI機械学習し、精度を上げていくというものです。

とはいえ、人との対話の最中にボットが「××って何ですか?」とか、「役に立ちましたか?」などと質問されると人によっては対話を続ける意欲がそがれてしまうと、本研究グループでは言っています。

そこで、今回開発されたAI手法は、

1.直接的に尋ねずにその推定結果が正しいと仮定して話を続け、それに対する相手の反応も踏まえて正誤を判定
2.複数の人とのやりとりを総合して正誤判定の精度を上げる

、の2つを組み合わせた手法だそうです。

要するに、AIとの対話の中でAIが知らない単語が出てきたら、すぐに直球で聞き直すのではなく、AIが結果を推定して対話を続ける中で、正誤判定していくというもの。

大阪大学のサイトにとてもわかりやすい例が載っていたので、少し抜粋します。

人間:今日はナシゴレンを作ろうかな
 ↓
AIボット:(「ナシゴレン」ってなんだろう?未知の単語だ。。。インドネシア料理かな?と推測)
 ↓
AIボット:最近この辺にインドネシア料理を出す店が増えましたよね(←これが暗黙的確認)
 ↓
人間:きっとナシゴレンもあるよね!
 ↓
AIボット:(「ナシゴレン」はインドネシア料理で正しい!)

この例を見て、なるほどー!と思いましたが、なぜ初耳である「ナシゴレン」を聞いて、「これはインドネシア料理かな?」と推測し仮定できたのかはわかりませんが、このあたりもAIのなせる技術なのかもしれません。

よく目にするチャットボットは、相手が誰であってもある意味平均的な対話しかできません。
これは利用シーンやケースによってはとてもありがたいことで、平均的な対話であるからこそ成立しているチャットボットサービスもあります。

とはいえ、今回発表されたAIだと、話し相手によって、その場その場で相手から学びながら対話することができるようになるため、本当の意味でAIによる機械学習で賢くもなりえるというもの。

頭が賢いチャットボットを開発するには日々いろいろな人と対話をし学習させていく必要が出てくるというわけですね。

 

参照元:
http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2017/20171221_1

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT