BOT LABO

ダットジャパン、コールセンター用AIチャットボットを鳥取大学と共同開発開始へ

コールセンター用AIチャットボット開発

業務システム開発やコールセンター運用業務を手掛けているダットジャパン株式会社は、国立大学法人鳥取大学と共同で、コールセンターの業務効率化を支援するAIチャットボットの開発をスタートしたと発表しました。

ダットジャパン社はソフトウェアなどのシステム開発や、コールセンター運用業務を手掛けているということもあり、その分野におけるノウハウや知見を豊富に持っています。

では、なぜ鳥取大学と共同でチャットボットを開発するのかというと、鳥取大学では自然言語処理技術の研究を行っているそうです。

鳥取大学の村田真樹教授の自然言語処理技術は、テキストファイルからあらかじめ決めた項目に対する複数の要約を生成及び逐次学習を行うことができるそうで、さらに事前知識なしにあらかじめ決めていない項目に対する複数の要約を生成することもできるそうです。

AI(人工知能)を学習させていくうえで、学習用データが必要になります。
一般的には、コールセンターでの応対は質問と回答の組み合わせが1回で終わることは稀で、複数の質問と回答のやり取りがあり、一つの解決に繋がるわけです。
そうなると一つの質問と回答をAIに学習させるだけで、膨大な学習用データが必要になってくるため、学習用データを用意するだけでも大変な作業になります。

鳥取大学が開発している自然言語処理技術は、一つの質問と回答から、複数の学習用データを自動生成することができるようになるそうで、飛躍的にAIの学習による成長速度と精度が向上することになるそうです。

この鳥取大学の自然言語処理技術を生かすことで、今までになりAIチャットボットを開発することが可能となり、より人間の対応に近い自動応答が可能となるとしています。

ダットジャパン社のシステム開発技術とコールセンター運用業務のノウハウと、鳥取大学の自然言語処理技術を掛け合わせることで、コールセンターにより特化したチャットボットを開発することができるというわけです。

コールセンター専用チャットボットは近年、注目されており、コールセンター業務の一部をチャットボットによる自動化を図ることで、人件費の削減、業務改善を実施することができます。

すでにコールセンターの一部をチャットボットに置き換えている企業もあり、業務改善を実現している企業もいます。

今回のチャットボットでさらに業務改善が図れるのであれば、コールセンターなどを手掛けている企業にとってはうれしい限りですね。

 

参照元:
https://www.datt.co.jp/cs/news20171211.html

タグ: , ,

[PR]

  • SMART Message BOT