BOT LABO

エクサ、チャットボットFAQサービスを用いて桧家ホールディングスの働き方改革の実現の一助に?!

チャットボットFAQサービスとは?

株式会社エクサは、IBM Watsonを用いた、LINE WORKS UIのチャットボットFAQサービス「EXA AI SmartQA」を用いて、株式会社桧家ホールディングスのAI営業支援サービスをスタートしたというニュースです。

エクサ社は日本IBM社とJFEスチール社を親会社に持つIT企業で、IT関連のトータルソリューションカンパニーです。

そのエクサ社が開発したAIチャットボットが「EXA AI SmartQA」で、

自然言語処理機械学習システム : IBM Watson
・チャットインタフェース     : LINE WORKS

という構成となっています。

要するにLINE WORKSをユーザーインタフェースとして自動会話ができるFAQに特化したチャットボットシステムというわけです。

「EXA AI SmartQA」は、回答状況を分析し、新たな学習用データ生成を支援する機能を持っており、これによりFAQを随時レベルアップすることができます。
また、質問数や回答への評価状況をグラフ表示したり、FAQ履歴を新たな学習用データとして利用することができたりと、FAQに特化したチャットボットとなっています。

最近、FAQチャットボット(Q&Aボット)のニーズはいろいろな業界で高まりを見せており、そういった中でFAQに特化したチャットボットシステムが登場するのは必然ともいえるかもしれません。

すでにFAQチャットボットを提供しているサービスはすでに数多くあり、どのFAQチャットボットを利用すべきかは、要件やユーザターゲット、UIなどによって選定する必要があります。

FAQチャットボットを開発し導入する大きなメリットは、「顧客満足度の向上」、「自動応答によるFAQ対応コストの削減」、「顧客接点の向上」の3つが挙げられます。
これらのメリットを享受できるとして数多くの企業がFAQチャットボット導入を進めているわけです。
利用者(ユーザ)からしても、24時間365日いつでも質問し回答を得ることができるというメリットがあり、特に若い世代では電話やフォームよりチャットの会話形式でやり取りすること

ちなみに弊社でもFAQチャットボットを提供しておりますが、この「EXA AI SmartQA」ほど多機能なチャットボットシステムではありません。
もう少しシンプルにFAQを登録し、シナリオを設計・登録するだけで、実装できるチャットボットで、その分価格を抑えたシステムになっています。

チャットボットが働き方改革の実現手段の一つに

桧家ホールディングスではすでにコミュニケーション手段にLINE WORKSを導入しており、今回の「EXA AI SmartQA」導入ハードルは一つクリアしていたといえます。
また、過去のQAデータはすでに電子データ化されていたこともあり、すぐにIBM Watsonの機械学習の成果を実証できる環境で、「EXA AI SmartQA」の採用決定から運用スタートまで、2週間程度しかかからなかったそうです。
これはかなり驚異的なスピードでのチャットボット導入だと思います。

今回のFAQチャットボット導入は、人手不足や、長時間労働の解消といった働き方改革の実現手段の一つになると考えられているそうで、今回のAIチャットボット活用の取り組みは、多くの企業が検討している働き方改革実現のモデルケースに、もしかしたらなるかもしれませんね。

桧家ホールディングスは、エクサ社のFAQチャットボットシステム「EXA AI SmartQA」を営業支援サービスとして利用することから、AI(人工知能)活用をスタートしましたが、社内システムとの連携や顧客対応にもAI活用の範囲を広げていくことを今後計画しているそうです。

上記の事例は顧客からのFAQをチャットボットで自動化する事例でしたが、社内FAQ(社内ヘルプデスク)、社内問合せ窓口をチャットボット対応することで、社内工数(社内コスト)の軽減を図ろうとする企業も増えています。
経費精算や総務関連の社員からの質問って同じような質問が多そうですもんね。

>> 社内FAQ(社内ヘルプデスク)チャットボットの詳細についてはこちら

もちろんその場合、社内システムとチャットボットの連携が必要になりますが、桧家ホールディングスが最後に言っているように、まだまだAIやチャットボットの活用シーン、活用分野は広がっていくと予想できます。

ビジネスユースにおけるチャットボット活用は今後もまだまだ増えていきそうですね!

 

参照元:
http://www.exa-corp.co.jp/news/001144.html

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT