BOT LABO

話題のロボット教室・プログラミング教室に直撃取材してみた

IT Week!春が終わってもまだまだ展示会の熱は冷めない。
今回は5月中旬に行われた第9回教育ITソリューションEXPO、EDIXに潜入しAI(人工知能)やロボットを活用した最先端の学びと実際のプログラミング教室に参加してみた。

■Scratch(スクラッチ)とは

GUIでプログラミングを行うことができる子供向けのビジュアル言語。
従来のプログラミングとは英数字のテキストで命令文を組み合わせて構築しているが、スクラッチでは直感的にキャラクターやアニメーションの命令を組み合わせることが可能。
ロボット教室を始め、プログラミング教室でも導入が進んでいるホットな言語の一つだ。

■老舗ロボット教室は様々なロボットが展示!

まず入場して真っ先に目に入ったブースがヒューマンアカデミー株式会社が運営しているロボット教室だ。
このブースでは数多くのロボットが展示されていたが、全てがロボット教室で学びながら実際制作することができるとのこと。

木琴のようなロボット。叩くことが音を奏でることができる。

このロボットは角にセンサーが設置されており、接触時に方向を変更するロジックを追加している。

恐竜型のロボット。実際口が動き実際叫んでいるかのような臨場感があった。

ヒューマンアカデミー社のロボット教室は難易度や学習期間から5つのコースを展開。

①直感的にロボットを組み立てるプライマリーコース
②バリエーションを持ったロボットを組み立て、構造や動作の仕組みを学ぶベーシックコース
③より複雑だが面白い動作をするロボットを写真点数が少ない教材で組み立てるミドルコース
④図面を見ながら入力系、制御系、出力系を組み合わせてより賢いロボットを組み立てるアドバンスプログラミングコース
⑤本格的なロボット技術とプログラミングが学べるロボティクスプロフェッサーコース

参照:http://kids.athuman.com/robo/CI/

丁寧に作られたカリキュラムが保護者に高い評価を受け、満足度が高い子供向け「プログラミング教室」No.1に輝いている。

またヒューマンアカデミー社ではロボット教室全国大会も積極的に実施している。

http://kids.athuman.com/robo/event/convention/rp2017/?code=140000

体験授業も各地で開講しているので、是非足を運んでみてはどうだろうか。

■まならぼでプログラミング教室を見学

高田馬場でプログラミング教室と語学教室を開校している”まならぼ”。
実際にScratchを利用した授業を見学させてもらった。

まならぼ:https://mana-labo.jimdo.com

まならぼでは、プログラムを教える際にまずは日本語でプログラムの動作を考えさせるという。
どのようにプログラムが動いているのかを文字にすることで頭の中を整理する狙いだ。

実際理解した後にScratchをベースにプログラムの動きを確認。

見学の際に授業を受けていた男の子は通い始めたばかりで授業も3回目。
だが彼はスラスラとプログラムを組み立てているのだ。

子供の頭の柔らかさに驚愕した。

2020年から小学校でのプログラミング教育が必修になり、ロボットやAIだけでなくプログラムそのものが子供達にとって身近な存在になる。

今からプログラミングを始めたいと考えている場合は是非検討してみては如何か。

タグ: , , , , , ,

[PR]

  • SMART Message BOT