BOT LABO

AIシステム市場は2021年までに15.7倍以上に急成長すると、IDC Japanが予測

国内AI市場予測

IT専門調査会社のIDC Japan株式会社は、国内コグニティブ/AI(人工知能)システム市場を調査し、2016年の同市場の分析と2017年~2021年の市場予測を11月15日に発表しました。

IDC Japan社では「コグニティブ/AIシステム市場」というものを、自然言語処理言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたリコメンデーションとディレクションを提供する技術として定義されているようです。

要するにチャットボット(ChatBOT)のような自然言語処理形態素解析を利用した自動応答や、チャットボットと組み合わせてよく利用されるディープラーニングなどの機械学習技術の国内市場規模を調査し、2017年以降の予測結果を発表しました。

2016年のAI市場

IDC Japan社では、昨年、2016年の国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、ユーザー支出額ベースで158億8,400万円と推定し、その多くは、まだまだ実証実験ベースの案件が多かったとしています。
2016年は、AIチャットボット市場への注目は集めたものの、実際のビジネス利用には至らなかったとしています。

次にAIのユースケースにはどういったものが多かったのでしょうか?

IDC Japan社によると、専門職の分析/検索をサポートする「ナレッジワーカー向けデジタルアシスタンス」や、製造業での「品質管理」などの利用方法が多かったとしています。

また、国内企業500社を対象にしたAIシステムに関する意識調査を行った結果は以下となった。

・全体の57.4%の企業が「AI(人工知能)が自社ビジネスに影響を及ぼす」と回答
・AIシステムを利用していると回答したのは、わずか9.6%に留まる

2017年以降のAI市場は?

IDC Japan社によると、2017年には実証実験から実際のビジネス利用への適用が多くなると予測しています。

確かに弊社へのAIチャットボットのお問い合わせも、実ビジネスでの利用を目的としたより具体的な要件の案件が増えてきています。

また、2018年以降のAI市場は、

・金融などでの詐欺検出/分析でAIが利用
・全業種での自動顧客サービスなどにAIが利用

が進むとし、2016年~2021年の年間平均成長率は73.6%で成長、2021年には2,501億900万円の市場規模になると予測しています。

これは、上述にもありますが、2016年のAI市場規模158億8,400万円と比較し、2021年にはその約15.7倍以上に急成長する計算になります。

今後もより実ビジネスに浸透したAI活用が盛んになってくるということでしょう。

本サイトでもすでにいくつかの実ビジネスでのAI活用事例をいくつかご紹介しています。
コンシューマ向けのAI活用や、ビジネスユースでのAI活用など様々ですが、これからもまだまだこの機運は高まっていくということですね。

日本よりも進んでいる海外においてもこの機運は同じで、AIチャットボットの市場は世界規模に拡大しています。
※リサーチステーション合同会社によると、AIシステムのほんの一部である「チャットボット」単体の世界市場規模だけでも2025年には12億5000万ドルに達すると予測しています。

最後に、IDC Japan社のプレスリリースより一部抜粋すると、

・ 2016年 国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、158億8,400万円(ユーザー支出額ベース)。ナレッジワーカー向けデジタルアシスタンス、品質管理などが市場の中心
・ 2017年以降は詐欺検出/分析や自動顧客サービスなどの成長により、2016年~2021年の年間平均成長率は73.6%、2021年の市場規模は2,501億900万円と予測
・ ベンダー/システムインテグレーターは、AIの実ビジネス適用のためのコンサルティング、教師データの構築/作成支援サービスなどが必要

と、要約をまとめてくれています。

今回の調査では、国内コグニティブ/AI(人工知能)システム市場以外にも、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPAおよびボットについての利用状況や将来計画なども分析しています。

 

参照元:
https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20171115Apr.html

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT