BOT LABO

【やってみた】マーケターでもBOTを使ってみたい!Vol.3(前編) 〜実際にBOTを構築してみました〜

私ヤマダこと山田裕嗣がマーケター視点でBOTの“ツール化”を考える本連載。これまで、BOTの意味や定義といった「そもそも論」を追ってきました。3回目となる本稿では、BOTに興味を持っていたという世界文化社「e-Begin」(http://www.e-begin.jp/)編集長・中村重樹さんと、ネオス株式会社・後藤さんのお二人に登場してもらいます。マーケターがBOTを使うイメージを体感するため、実際に皆が日常的に接しているモノ=すなわちメディアで、BOT作ってみれば面白いんじゃないか、と。果たして実現可能なのでしょうか。

株式会社 世界文化社
e-Begin編集長 中村重樹
創刊30周年目を迎える老舗男性モノ雑誌『Begin』を21年間担当した、あらゆるジャンルの情報を知り尽くす生き字引。2017年10月より公式WEBサイトである「e-Bgin」の編集長に。

■「Begin」でBOTを運用するときに考えるべきシナリオと必要なファクター

中村:
Beginって割と“定番”的なモノを好む人が多いんですよ。ただ、定番好きでも例えば“本気ミリタリー”みたいな、そこまでディープなモノじゃない。ファッションの知識は欲しいけど、気軽に使えるものを探しているのが読者なんです。

山田:
例えば、Beginが定義する“定番”ってどんなものがありますか。

中村:
靴で言えばオールデン。財布でいうとホワイトハウスコックとか、10年20年と使えるものでしょうか。

山田:
定番だけど(サイズ感など)“ちょっとアレンジされた”定番を探しつつ、(ブランドの歴史などの)知識を含めて読みたいという方が主な読者ですか?

中村:
そういう傾向はありますが、コテコテの定番がやっぱり好きという方も多いです。ただ、新しい情報は常に欲しがっていると思います。

山田:
BOTで言えば、最終的に買ってもらうというシナリオが大事ですが、知らなかったものを教えるというのを、BOTとのやり取りで「なるほどそういうアイテムもあるんだ!」とたどり着くというのも、ひとつの可能性かもしれないですね。

中村:
“買う”だけでなく“知る”こともシナリオのひとつということですね。

山田:
これまで培ってきたものをBOTとして生かすという意味では、あり得るのかもしれないと思います。そこで、BOT構築時に必要な要素は何があればいいのでしょうか。

後藤:
今までのお話の中であったように、「定番が好きだけど、それ以上のモノを欲しい」というユーザーのニーズに対して、まず“入り口”みたいなものを作ってあげるべきだと思います。アイテムをきちんと調べ、「今あなたは何が欲しいのか」ということについて、提案するべきジャンルを検討する。そこから色は?素材は?ジャンルの中でもその人の欲しいモノは?と、そこをうまく掘り下げていくようなシナリオを用意していくべきでしょう。

最後に購入していただくというところをコンバージョンポイントとしておくのであれば、ただテキストだけが並んでいてもイメージしにくい部分があると思います。そこで最後に、“オススメはコレ”という時にメーカー名や特徴と一緒にイメージ画像をチャットボットで表示してあげると、ユーザーにとって分かりやすいツールになるのではないでしょうか。

■“入り口”に設定するべきジャンルの適性な数は?

山田:
なるほど。では大きく、入り口と過程と結果みたいなものがあったとしましょう。すると読者の視点に戻ったときに、どういう切り口から探しに行くことが多いかというのが、一番自然な入り口だと思うんですけれども、読者の方って最初は何を…。

中村:
まず“ジャンル”ですよね。鞄、財布、アウターといったアイテムの種類。あとBegin読者は、素材にすごくこだわっている人が多いですね。

山田:
素材とジャンル、どちらが入り口として多そうですか?

中村:
多分、ジャンルですね。素材からだとちょっとマニアックすぎますよね。

山田:
定義づけ、いわゆるお題作りのところで、最初は靴、カバン、財布、筆記具、パンツ、シャツ、スニーカー、メガネなどをジャンルとして設定する感じですね。BOTとして作るときに、選択肢の数はいくつくらいが適正ってあるんでしょうか? 細かく選択肢を設けようとすれば、例えばシャツの中にも種類を設けて細かく分けることもできるし、小物やウェアのように大きく分けることもできると思います。

後藤:
選択肢が多すぎると、ユーザーさんが迷ってしまう可能性も出てくるので、ある程度絞った方が良いかと思います。もう一つ、マーケター的な視点で言えば、使っていただくデバイスによっても回答が違うのかなと考えています。パソコンであれば表示領域が広いので、選択肢を6つくらい提案してもおそらく問題はありませんが、スマートフォンだと見にくくて途中で離脱してしまう可能性もある。だから最大でも5つぐらいに絞った方が、ユーザーには親切かと思います。

山田:
入り口の選択肢はシンプルかつ少なめの方がいいということですね。

後藤:
そうですね。

山田:
ここで今、入り口を選ぶとしたら、今おっしゃられていた靴やカバン、時計、ファッションといったお題から商品提案までに落とし込む、そのつかみをどうするか、ていうことになりますよね。

後藤:
そのぐらいにしておくと、ユーザーとしてもそんなに違和感なく、便利だと思って使ってもらえるでしょう。あまりマニアックなジャンルより、入り口は広くした方がいいと思います。

まとめ

要約すると、「まずは何のアンテナを仕掛けるのか(お題)」「ジャンルとそれに対してそれぞれ分岐するためのコンテンツ(つかみ)」、そして「最終的な商品名と画像」を一通り用意すれば、BOTは実現できそうです。次回は、“つかみ”から“コンバージョン”へと落とし込むプロセスを具体化していきます。乞うご期待!

聞き手:山田裕嗣
構成:津田昌宏
写真:宮前一喜(APT)

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT