BOT LABO

“科学のお姉さん”五十嵐美樹さん①「私は科学と社会を結ぶきっかけを創る、コミュニケーションのお姉さんです。」

“科学のお姉さん”五十嵐美樹さん①「私は科学と社会を結ぶきっかけを創る、コミュニケーションのお姉さんです。」

 

「科学のお姉さん」として全国各地でサイエンスショーを主催し、数多くのメディアに出演する五十嵐美樹さん。第一回目となる今回は、フツウの女子大生だった彼女がミス理系になって、「科学とお姉さん」として活動の幅を広げるに至った経緯をお聞きしました。

 

【プロフィール】
五十嵐 美樹
1992年東京都、生まれ。
上智大学理工学部機能創造理工学科卒業(物理学専攻)。2018年4月より東京大学大学院 情報学環・学際情報学府に進学し、科学コミュニケーションを専攻、科学技術インタプリタ―養成講座第14期生。上智大学在学時に「ミス理系コンテスト」でグランプリを獲得後、子どもから大人まで幅広い層に向けた実験教室やサイエンスショーを全国各地で主催、講師を務める。Great Explorations in Math and Science取得。
 

■五十嵐美樹が「科学のお姉さん」になるまで

—五十嵐さんは科学のお姉さんとして活動されていますが、そのきっかけを教えてください。

学部の4年生の時に「ミス理系コンテスト」という大会があったんです。理系分野の面白さをPRするためのコンテストで、その理念に共感して応募してみました。そこでグランプリをいただいて、こういった活動を通して社会に恩返しすることはできないかと考え、週末に実験教室の企画書を書いていろいろなところに提出し始めたことがきっかけです。

—ミス理系はどういう基準で選ばれたのですか?

コンテストでは数学と化学のテストがあり、それを皆の前で解くのと、人気投票の二つで決まるんです。ただ、ミス理系コンテストは、科学分野で活動している女性のロールモデルを多くの人に周知することが一番の目的。科学に興味がない人にも科学に興味を持ってもらうことを目標としていたので、基準はありつつも“やっていることにどれだけ共感してもらえるか”が大きかったのではないかと思います。

ミスコンということで、なかにはモデル志望の子もいたりしたんですけれど、運営としてはそういう考えだったので、選考基準が面白いなと思いましたね。

—グランプリになったことで、科学のお姉さんとしての活動が始まった?

でもその時は科学のお姉さんの活動をここまで続けられるとは、思っていませんでした。大手企業に就職も決まっていたので。ただ実験教室などをやっていると、「わかりやすい」「楽しい」という声を多くいただくようになり、背中を後押しされた部分はあります。

科学のお姉さんになりたいからではなく、科学の楽しさを広める・科学に恩返しをしなきゃという思いで、実験教室などを狂ったようにやっていたら(笑)、科学のお姉さんとしてイベントに呼んでいただくことが増えました。

実験教室やサイエンスショーを行うのも楽しいですし、書店でイベントを開催するのも楽しいですね。ミスコンでグランプリに選ばれたということは、それだけ期待されているとも思ったので、何とか自分の力で科学のためにできることからやってみようと活動を始めました。

■科学って何が面白いの?

—科学に恩返ししたいということは、それだけ科学が好きだということだと思います。

そうですね、大好きです。でも好きだけどバリバリ得意というわけではないんです。だからこそ、逆にわからない人のこともわかるというのが自分の強みかなと思っています。

—科学の面白さは何だとお考えでしょうか?

押し付けがましくなると嫌なんですけど、今大学院に通っていて、改めて科学の面白さってなんだろうと毎日考えています。それまでは日常と結びついているからだと思っていたのですが、研究の世界とかに戻ると純粋に役立つか役立たないかを除外して考えたり、倫理的に良いか悪いかを含めて科学って考えなきゃいけないんだなと感じていて……。

—今は日常と結びついていない研究も、きっと何年後・何百年後には結びつくわけじゃないですか。でも最初は何の役に立つかわからないところから始まっているかもしれないですよね。

個人的には“社会の中の科学”っていうのが、やっぱり面白いなと思っています。自分自身もともとエンジニア職をやっていましたし、人間の世界をより良くするために現状をちゃんとわかって、原理も理解した上で、役に立つ発見などは本当に面白いと感じています。

そういうことも含めて、伝えられたらなと思っていますね。純粋に「科学は楽しいよー」っていうことも伝えたいのですが、倫理的なところや社会の中での位置付けなども含めて、科学について皆で一緒に考えられるきっかけを創っていけたらいいなと常に思っているんです。

—“社会の中の科学”とは具体的にどういったものでしょうか?

自分の活動として、という視点の話になるのですが、遺伝子組み換えのニュースを見たとして、今までは科学が発展するなら「やるべき」というところがあったと思うんですけど、そうではなく、それをやることによって社会にどういう影響を与えるか、考えることが増えました。

例えば、髪の毛1本から個人情報を抜き取ったりもできるわけじゃないですか。そういう社会的な影響も考えた上での科学というか、そういうことも含めて科学や最近の技術の進歩を考えていきたいと思うことが増えてきています。

—なるほど。軍事利用とか、犯罪にインターネットが使われたりとか、科学は良いことにも悪いことにも利用できると。

おっしゃる通りです。そういった倫理的な部分も含めて、社会にどういった影響を及ぼすかを考えていきたいです。

—現在は、東京大学の大学院で科学コミュニケーションを学ばれているということですが、科学って面白いよねという目の前にある現象だけではなく、それがどう世の中に寄与をしていくのかというところに興味を持たれているということでしょうか?

そうですね、そういうところに今すごく興味を持っています。ベンチャー企業に転職したことも大きかったですね。技術のことだけ知っていて社会のことを知らなかったので、科学がどのくらい社会的にインパクトがあって、どこをPRしたらいいのか、どういう風にお金が動いているのか、みたいなことを全く知らなかったので。自分の勉強不足を実感しましたし、考えるきっかけにはなりました。

■科学に必要なのはコミュニケーション

—大学を出てからは大企業に入られたということですが、そこで何を得たのか、またそこで得たものを大学院に入りなおして、どのように還元できたかというところを教えてください。

大学卒業後は、大企業でエンジニア職に就きました。仕事自体はとても楽しかったのですが、自分の活動の幅を広げていきたいなと思った時に、社会のことを知らなすぎたのでベンチャー企業に転職しました。1社目と同じ技術系の会社だったんですが、1社目よりも社会との接点がある職種に就きました。

転職をして気づいたことは、相手を知らなすぎること。技術のことはわかるけど相手のことはわからずに作っていたなと反省しましたね。それは今、大学院で勉強している科学コミュニケーションに通じるところがあって、コミュニケーションは相互関係なところがあるので、自分が知っているからといって教えてあげるのはおこがましい、ですよね。そうじゃなくて、相手が何を求めているかをわかった上でのコミュニケーションが必要で、これがとても難しいんです!

転職先はAI関連の会社だったので、こちらとしては「AIはここまでこういうことができる、とある程度具体的に」PRしなきゃいけない。でも相手は「AIなら何でもできる」と思い込んでいる場合もあって、そこに大きな違いがある。相手の期待に沿いつつも、でも技術を正確に伝えなきゃいけないという難しさはありましたね。これは今も感じているんですけど、このコミュニケーションの難しさ・大切さみたいなことは、気づきとしてありました。

—文系の人に「科学とは」というのを説明するようなもんですよね。

本当にそうです。サイエンスのイベントをわかりやすくやりますって言っても、サイエンスって言った時点で科学に興味のある人しか来ないとか。そもそも求めてることが違うというか。これは時代によってもどんどん変わっていくものなのだと思っています。

最初に「これは科学です」と言ってしまうと、科学に興味がある人しか集まらない。だから、その先にも行きたいなぁと思うなかでメディアを活用したり、人づてに興味を持ってもらったり、実は科学でした!みたいな企画だとか、いろいろ試行錯誤しているところです。

社会人として、自社のツールを説明し提案する“お姉さん”として磨かれた五十嵐さんの感性。だからこそ、“科学のお姉さん”として認知されるだけのコミュニケーションスキルが育まれた、と言えるかもしれません。
次回は、そんな五十嵐さんにこれから考えていること・したいことをお聞きします。

 

構成:津田昌宏
撮影:宮前一喜

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT