BOT LABO

チャットボットセミナー「自社サービスのBOT対応でユーザー接点やコンバージョンを増加させる」の内容をご紹介!

1. チャットボットセミナーの概要

先月の10月13日に弊社主催のチャットボットセミナー「UI・UXの次世代施策とは?~BOTを使った新感覚UXの成功事例~」を東京にて開催いたしました。

当初の募集定員を大きくオーバーしてしまったため、急きょ広い会場に変更するほど注目度の高いセミナーとなりました。

今回のチャットボットセミナーでは、

株式会社パンタグラフの間藤大地様
 『自社サービスのBOT対応でユーザー接点やコンバージョンを増加させる』

株式会社空色の中嶋洋巳様
 『Chat接客ソリューション『OK SKY』による顧客化・LTV向上を飛躍的に加速させる真髄のご紹介』

弊社ネオス株式会社の菊地宏之
 『”使える”チャットボットを作るための極意 ~開発サービス見極めポイント~』

の3名の方にご登壇いただき、それぞれのセクションで今話題のチャットボット(ChatBOT)を中心とした内容でご講演いただきました。

本記事では本セミナーにご参加できなかった方のために、セミナーの当日の模様を少しご紹介させていただきます。

今回は、第三回目ということで、株式会社パンタグラフ様の講演内容「自社サービスのBOT対応でユーザー接点やコンバージョンを増加させる」をご紹介させていただきます。

ちなみに当日のその他のご登壇者様の講演内容は以下になりますので、気になるセクションがあればぜひご確認ください。

2. パンタグラフ社チャットボットセミナーの内容

株式会社パンタグラフは、ヒューリスティック分析(サイトUI改善提案)、コンテンツマーケティングコンサルティング、マーケティングオートメーション導入支援を中心にクライアントのサポートを行っている会社です。

今回のチャットボットセミナーのパンタグラフ社のセクションでは、「自社サービスのBOT対応でユーザー接点やコンバージョンを増加させる」と題して、最初にチャットボットにおけるマーケットの全体像をご説明いただき、続いて実際のチャットボット導入事例から成功に導くためのポイントをご紹介いただきました。

2-1. なぜ今チャットボットを導入するのか?

なぜ今チャットボットがこれほどまでに注目されているのでしょうか?

その理由の一つに「ユーザーが最も慣れているインターネットの操作方法」であるという点が挙げられます。

LINEやFacebook上のテキストによるスピーディーなコミュニケーションはネット利用者であれば全ての人が迷わず操作することができます。
特にLINEにおいては、老若男女問わず使える最も簡単なインターネットの操作方法となっています。

加えて、現在ではSNSよりもメッセージングアプリの利用者が上回っており、LINEでは国内の月間アクティブユーザーが7,000万人を突破し、国民の55%もの人が利用しています。

チャットボットユーザ利用率

二つ目の理由としては、「日常的な接点や導線を自社と結び付ける」ことができる点です。

一日のスマホ利用の70%以上がインストール済みアプリの操作であり、ユーザーの行動は固定化しています。
こういった中で、新規のサービスやアプリでビジネスインパクトを出すのは非常に困難です。
そして先ほども触れましたが、スマホで最も利用されているのはメッセージングのため、起点としてサービス展開を行うのは必然の流れであると言えます。

最後三つ目は、「最新の人工知能提供の場がチャットや音声ボット」になる点です。

VR、IoT、ビッグデータ、FinTech、自律走行など今後有力な成長分野がいくつかありますが、それらはAIを利用するケースがほとんどで、現在はデータの蓄積期間となっています。
今後さらなる研究が進み、人工知能を生活サイクルの中で最も多くの人が体感することができるようになる場がチャットボットになると考えられています。

これらの大きく3つの理由から今チャットボットを導入するのが良いとされており、それだけ注目もされているということです。

2-2. チャットボットの普及で起こるマーケティングの変化とは?

簡潔に言うと、「調べる」から「聞く」へ変わっていくのでないかと考えられます。

これまでは、ネットで置いてある情報を調べるのが当たり前でしたが、チャットボットが普及することで、ユーザーとのテキストや音声を基本としたコミュニケーションが主流になると予想されます。

つまり、今までの顧客は、関連ワードから検索をして目的を固めた上でサイト訪問してきましたが、これからは、曖昧なニーズで訪問してきたお客様に、チャットを使いながら適切な情報を提供するようになっていくと考えられます。

こうしたマーケティングの変化に合わせて、(1)サービス設計、(2)集客方法、(3)マーケティング指標も変わっていきます。

2-2-1.(1)サービス設計

「顧客導線を捉えた、より簡潔なサービス設計」

チャットボットが普及することで、これまでのサービス設計が覆ることになります。
インターフェイスを必要としないサービス提供の実現が可能になり、これまでのウェブデザインやコーディング、配置、配色による見た目の改善は意味を持たず、いかに少ないコミュニケーションでユーザーをゴールに導くことができるのかといったサービス設計が大事になっていきます。

2-2-2.(2)集客方法

「メッセージングアプリからの流入」

ユーザーのサービスへのアクセス方法が変わります。
現在、ユーザーは探したい情報があればブラウザ検索を行い、必要なサービスがあればアプリをダウンロードして利用しています。企業はそのためにSEO対策を施し、広告出稿やPRを行い、ユーザーが求める情報に辿り着かせるという施策を考えています。
この集客方法は今後も続いていくとは思いますが、これに加えてチャットボットが普及することで、メッセージングアプリ自体からの流入が増えるため、企業は今までとは異なる集客方法が必要になると考えられます。

2-2-3.(3)マーケティング指標

BEO (Bot Engine Optimization)が計測指標に」

上述の(2)のように集客方法が変わると、マーケティングの目標やKPIも変化します。
すでにGoogleやFacebook、LINEといったメッセージングサービスのプラットフォーマーの多くは、チャットボットの利用を外部のデベロッパーへ開放し始めています。
これまで検索順位やPV、DLなどが指標でしたが、これにチャットボットの指標軸が加わることになります。例えば、以下の図のような評価が予想されています。

チャットボットBEO指標

※ BEOの詳細については「チャットボットマーケティングとは?」の記事で少し触れていますのでご覧ください。

2-3. チャットボット導入の3ステップとは?

「チャットボットの成功を、より確実にする」ためには、必要な場所で、必要な設計を行うことによって、効果を上げることができます。
そのために以下の3ステップをよく考えなければなりません。

チャットボット導入の3ステップ

2-4. チャットボットに適した4つの分類

「チャットボットの適用範囲を絞って導入」すると良いとされています。
チャットボットは万能ではありません。現在、サービスの補完として適用範囲を絞って導入することが良いとされ、以下は適用範囲として導入が盛んな分類で成功例も多い4つのケースをご紹介します。

チャットボット分類

当日のセミナーでは、上記4つの分類ごとに全12社のサービス紹介とコミュニケーション設計時のコツをご説明いただきました。
※権利の関係上、掲載が難しいため割愛させていただきます。

2-5. これからのサービス設計

「最適な形に変化する汎用的なデータの量と整理」

現在ウェブサイトやアプリの構築に必要なhtmlやCSS、js、イメージやテキストといった情報がチャットボットの実現において、あまり必要性がなくなりつつあります。

また、曖昧な問いに対しては、追加や整理が必要になる情報もありますし、更に今後は画面をもたないデバイスの出現やユーザー接点も想定しなければなりません。

将来的なサービスの設計は、音声や非接触操作を含め、あらゆるユーザー接点に対して柔軟で、汎用的な情報の整理やデータの構築を考えるのが理想だと思います。

チャットボット導入においては、まず費用対効果を考えて、ユーザーのニーズを把握し、小さなところから成果を生んでいくのが最良です。

3. 本セクションのまとめ

今回はパンタグラフ様のチャットボットセミナーの講演内容をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

本セミナーを3部構成に分け、3回に分けて本サイトに記事として紹介しています。
今回はその3回目の内容でした。

当日、実際にご参加いただいた方は復習に、参加できなかった方は少しでもチャットボットにご興味を持っていただければと思っております。

ちなみに当日のチャットボットセミナーで使用した資料が欲しいという方は以下よりお問い合わせください。
弊社担当より電子データでお送りさせていただきます。

>> チャットボットセミナーの資料が欲しい方はこちらから

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT