BOT LABO

AIと機械学習・ディープラーニングについて

近年のAI(人工知能)は、目覚ましい進化を続けています。たとえば、AI(人工知能)が囲碁や将棋などで、世界のトップクラス棋士に勝利したというニュースは記憶に新しいと思います。ではなぜ、AI(人工知能)はこれほどまでに急速な発展を遂げることができたのでしょうか。
その背景には、コンピューターの機械学習と、機械学習の手法の一つであるディープラーニングの存在があります。
これからの生活を変えていくであろうAI(人工知能)。進化のカギとなる、ディープラーニングとはどういった手法なのかご紹介します。

ディープラーニングとは

ディープラーニング(深層学習)は、コンピューターに行わせる機械学習の手法の一つです。
機械学習とは、多くのデータの中から繰り返し学習することで、コンピューター自らが隠れたパターンを見つけ出し答えを導くという手法をいいます。この機械学習を更に発展させ、人間が脳の中で自然に行っている処理をコンピューターに学習させたものが、ディープラーニングです。
人間の脳神経の構造をモデルに、コンピューター自身が物事を判断する判断基準でさえも自ら創り出し、決定できる。このディープラーニングこそが、AI(人工知能)を大きく発展させた要因なのです。

AIは学習させることでより賢くなる?

人間でも、小さな子供のうちは知識や経験、情報も少なく、見たものをすぐに何であるのか判断することはできません。それと同じように、AI(人工知能)も、物事を判断するのには学習が必要になります。その学習に、機械学習、ディープラーニングが用いられるのです。コンピューターの判断の精度を高めるためには、大量のデータを要します。大量のデータを分類し、解析することで、コンピューターはどんどん賢くなります。
ただし、与えられるデータによって判断基準に偏りが出てしまったり、人間の意志にそぐわない回答をするようになってしまったりすることもあるので、注意が必要です。こちらも人間と同じく、学習の内容や見守りも大事ということですね。

AIの最大活用術

AI(人工知能)には、特化型AI(人工知能)と汎用型AI(人工知能)の2種類があります。汎用型AI(人工知能)は、アニメの鉄腕アトムやドラえもんのように自分で考え、自分の意志で行動するタイプのものです。しかし、それほどまでに万能なAI(人工知能)の実現は、まだまだ先が見えません。一方で、特化型AI(人工知能)は、もうすでに実用化されているものも多くあるのです。
Googleなどの検索エンジンは、ほとんどの人がお世話になっているのではないでしょうか?検索ワードを入力すると、そのワードに似たものや、もしも誤字などがあったとしてもコンピューターが予測して検索結果を表示してくれます。
囲碁や将棋の例など、一つの分野に特化したAI(人工知能)は、時に人間を凌ぐほどの精度の高さを誇ります。こうしたAI(人工知能)技術は、今後、自動車の自動運転技術や、医療分野におけるがんを正確に見つけ出す高精度顕微鏡など、様々な分野での活用が期待されています。ディープラーニングによって、AI(人工知能)の精度は日々向上しており、人間よりも正確な判断ができるようになる日も近いでしょう。
日常生活では、気分に合わせて曲を選んでくれたり、電気を消してくれたりするスマートスピーカーを既にお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。こうした身近な商品も、今後更に使いやすさや機能を増して、生活に根付いていくことが予想されます。
AI(人工知能)をよく理解して特性に沿った使い方ができれば、AI(人工知能)は大きな味方になるはずです。

ディープラーニングによって飛躍的な進化を遂げたAI(人工知能)は、今後も更なる発展が期待されています。人口減少や高齢化に伴い、その活躍の場は多岐に亘っていくことでしょう。現在は人間がしている仕事も、ゆくゆくはAI(人工知能)が担っていくというものもあるかもしれません。AI(人工知能)を正しく理解し、活用していくことが必要となるでしょう。AI(人工知能)と共存していく未来は、もうすぐそこまで来ているのかもしれませんね。

タグ: , ,

[PR]

  • SMART Message BOT