BOT LABO

RPA(Robotic Process Automation)とは?

1. RPAとは?

最近よくRPAという言葉をよく耳にするようになりました。
RPAとは、Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略で、今まで人の手で行っていた業務をロボットを活用し自動化する取り組みのことを言います。

RPAは主に事務系業務、総合職業務(俗に言うホワイトカラー業務)の分野における業務効率化や自動化を指しています。人間のサポートとして業務を遂行することから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われています。

ロボットと言えば工業用ロボット、機械ロボットを思い浮かべる人も多いと思います。
工場のライン業務などではすでにロボットやITなど先端技術の導入は進んでいますが、そういった業務からホワイトカラー業務に範囲を拡大し、より広範囲な業務に対応できる技術としてRPAは大きな可能性を秘めています。

日本をはじめ先進国では少子高齢化が進んでいますが、労働力の低下・生産性の低下は目に見えています。
そういった意味でもRPAは注目されている分野の一つです。

2. RPAがもたらすメリット

では次にRPAを導入することによるメリットをご紹介します。

2-1. 業務効率化/コストの削減/品質の均質化

RPAを導入することで、今まで人の手で実施していた業務をロボットが代行してくれるようになります。
ロボットが業務を代行するため業務効率は大幅に向上します。一定時間で実施できる業務量は多く、コストの削減にも繋がります。
また、人と違いロボットが実行するため品質も均質化を保つことができます。
迅速性と正確性を併せ持つRPAは今までの業務の効率化とコスト削減、品質の均質化を実現することができます。

2-2. 主業務への集中

RPAの導入により単純作業やリピート業務はすべてロボットが代行してくれます。
最近ではチャットボット(ChatBOT)を導入する企業も増えつつありますが、チャットボットの活用事例として社内問い合わせ対応のチャットボット化や、顧客サポート対応のチャットボット化により、今まで人が介在して対応していたサポート業務をチャットボットが代行することで、人は主業務に集中することができるRPAの事例の一つになります。
単純業務はロボットに、頭を使う業務やクリエイティブな業務、イノベーションへの取り組みなど主業務は人の業務という棲み分けが可能になりつつあります。

2-3. 柔軟性の向上

RPAはロボットの仕組みです。人がプログラミングし動作するロボットですので、少しプログラミングを変更することで、柔軟に業務変化に対応することができます。
もしくはAI(人工知能)を取り入れることで、その柔軟性もロボットが自動学習し、おのずと柔軟性に富んだ業務を実施できるようになります。
業務拡大や業務変化にヒューマンエラーなく柔軟に対応できるのもRPAのメリットの一つと言えます。

RPAチャットボット開発

3. RPAがもたらす市場への影響

今まで人が作業していた単純作業やリピート業務をRPA導入によりロボットが代行することで、一番懸念する分野にBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)業界が挙げられます。
BPOとはビジネス・プロセス・アウトソーシングの略で、自社業務の単純作業やリピート業務を外部企業にアウトソース(委託)することを指します。
BPO業務にはデータ入力や画像加工、バックオフィス業務、コールセンターなどが挙げられますが、BPO企業はこういった業務を専門とする受託企業で、その業務に特化することでコスト削減を実現することができます。
また最近では中国やベトナム、インド、フィリピンなど人件費の安い国へアウトソースすることでBPO企業は成り立っていました。

ただ、RPAの台頭によりBPO企業の立ち位置は揺らぎつつあります。
ロボットは海外リソースよりも安く、品質も高く、より業務効率を図ることができるため、今まで外部にアウトソースしていた企業はRPA導入を検討し始めており、ビジネスモデルの転換が求められています。

4. RPAの将来

機械学習AI(人工知能)等のRPAを構成する要素技術の発達により、今後より一層、業務の効率化や自動化が進むと予想されています。
単純業務や定型業務はRPAにより効率化が図られることで、人の業務内容は今後大きく変わっていく可能性もあります。

懸念事項として人の仕事がロボットに奪われ、失業者が増えるという話もよく聞きます。
上述のようにBPO業界は今後大きな転換期が訪れる可能性がありますが、その他の業界、業種においてもRPAによるビジネスモデルの転換を余儀なくされる場面が出てくると考えられます。

また一方では、単純に仕事が奪われ、失業者が増えるというわけではないという考えもあります。
あくまでもRPAやロボット、AI(人工知能)は人間の仕事のサポート(補完)であり、主業務は人間が作業していく時代はまだ続くとも言われています。
RPAはあくまでも人のサポート役に徹することで人との業務の棲み分けができ、RPAとうまく付き合っていくことができると期待したいところです。

タグ: ,

[PR]

  • SMART Message BOT